ふくおか大地といのちの会

簡単!生ごみ・雑草でできるおいしくていのちたっぷりの元気野菜作り

DATE:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE:
ここは、伊都安蔵里(いとあぐり)。


すてきでしょう?前原町**にあった昔の醤油蔵を蘇らせ、
こだわり野菜の直売所としてこの日オープンしました。
スタッフの今村さんが立ち上げ前から関わり、
「ふくおか大地といのちの会」の野菜も並べて欲しい、との要望で、
「今回限りかも・・」という限定での出店となりました。

朝から、あぴ畑で最初の大根を収穫!まだ少し小さめですが、
葉っぱもりっぱです。元気です。


そもそも本日は今津畑の作業日なのですが、蔵開き(開店)が10時ということで、
急遽先に、納品・ディスプレイに伺うことに。
朝どり大根のほか、ふくおかマルシェで売った佐世保だいち村の元気人参、
ミニキット、ぼかし、吉田俊道さんの本なども並べました。


当日並べられたお野菜は自然農の松尾靖子さんをはじめとした、
土にこだわった、農薬もいらないお野菜ばかり。試食もなさっていましたが、
すっきりとした、えぐみのないおいしい野菜たちでした。
おとうふ、お総菜、スイーツなどの加工品もあります。
これは、吉田さんの元気人参を使ったロールケーキ。絶品です。


そのほか、いとエコバッグ、竹布製品など
環境に配慮したいろいろな商品が醤油蔵に素敵にならんでいます。
白糸の滝へ行く途中、長糸小学校隣の伊都安蔵里へ、
一度足を運んでみてはいかがでしょう?

伊都安蔵里ブログはこちら【URL】 http://www.maki-web.co.jp/aguri/

時間は遅れてしまったけれど、今津畑にもちゃんと生ごみ投入してきました(^_^)v
草刈りが終わって、とてつもなく広~くなっていました(>_<)


スポンサーサイト
DATE:
あぴ畑@はこざきを協働で実習している
APiQ!!(アグリ.プロジェクト.イン九州)のみかんちゃん。
APiQ!!とは農業体験をとおして、食、農、自分たちの生活を見直そうという
活動をしている大学生たちの集まりです。

【あぴURL】 http://www.geocities.jp/apiq03/

幼児教育を学んでいるみかんちゃんは、APiQ!の活動や
あぴ畑で「ふくおか大地」の生ごみリサイクル元気野菜作りに出会って、
卒論をこれらの活動と結びつけて書いてみよう、と思ったそうです。

そこで、生ごみリサイクル元気野菜作りを実践されている、
東区志賀島の「ふたば幼稚園」を訪問してみよう!!ということになり、私も同行することに。

ふたば幼稚園の小崎園長は、食農教育、環境教育、自然とのふれあいを大切に、
日々子どもたちを育てて下さっています。

【ふたば幼稚園 URL】 http://www.geocities.jp/apiq03/

ふたば幼稚園は週2日の給食です。給食の残さいや園児が家庭から持ってきた生ごみを、
ぼかしにまぶしてこの容器に入れておきます。


ここは、園から歩いて1,2分の畑。


ここに生ごみを入れて、元気野菜を作っています。
今は大根用にうね立てされていました。
生ごみで大根を育ててたくあんを漬け、たくあん持って卒園式をめざしているのだそう。
昨年は、大根ができるのが早すぎて、卒園式に間に合わなかったので
今年は種まきを遅らせているんだとか。

みかんちゃんは、熱心に質問していました。
「こんな大学生がたくさんいたら、日本の将来は安心!」と、小崎園長。
私もそう思います。二人で記念撮影です。



卒論、楽しみです♪
DATE:
こだわりの農・畜・水産物および加工品が並ぶ、ふくおかマルシェ。
11月21~23日は、西日本新聞「食卓の向こう側」に登場したお店が並ぶ・・ということで、
私たちも23日のみですが、参加させていただきました。
並べたのは、佐世保の大地といのちの会「だいち村三川内店」の元気人参、葉つき。



そして「ふくおか大地」のスタッフ・会員でもある安枝さん、
池田さんのスイーツ工房「ダム・ナチュール」の元気人参その他を使ったスイーツです。



「ダム・ナチュール」は、安枝さん&池田さんが、夢をかなえて最近はじめられたスイーツ工房。
10月にオープンしたばかり♪・・素材にはとことんこだわっています。
マクロビスイーツも作っています。今は週1回の開店ですので、
ブログ見て連絡してみてくださいね♪ジャムも美味です。

「ダム・ナチュール」ブログ

話は、マルシェに戻ります・・。
当日は、天候に恵まれた1日でした。たくさんの人出・・とまではいきませんでしたが、
公園に遊びに来たお子様連れの方や、マルシェの開催を楽しみに来られている方・・
いろいろな方が、にんじん、スイーツを買って下さいました。

何より、他の出店者の方々・・・皆さん、こだわりの商品を作っている方々です・・・との
情報交換や買い物に忙しい私・・(汗)。一緒に手伝ってくれた娘から、
「おかあさん、商売には向いてないかも・・・」と言われてしまう始末・・。
ハイ、反省してます・・・・・・・・・。

商売といえば、おとなりの「まほろば」さん(生麩と湯葉のお店)で、
店を仕切っていたのは、小学校6年のお嬢さん。すっごく上手なんですね、これが。
おとうさん、ほとんど任せっきりでした。将来性十分、です。見習わなくては!

・・・ぼかし作り講習会・あぴ畑収穫祭・ふくおかマルシェ・・と、
なんだか忙しい3連休でしたが、とっても充実した3日間でした(K)。
DATE:
では、報告の続きを・・。



これは、なす。5月に小さな苗を植えて以来、
6月から11月まで、ずっと実をつけ続けていました。
9本の苗で、毎週20~30個の収穫ができました。さすがに寒くなり、
実が大きくならないので、「お疲れ様」・・抜くことにしました。


これは、何でしょう?・・・・・そう、なすの根っこです。
長いものは、ゆうに50cmを超えていました(抜くのが一仕事だったみたい・・)。
この根っこから土の栄養分を集めて、たくさんの実をつけてくれたんだなあ。
茎も、木の幹のようにがっしりとしていましたし。本当にありがとう。お疲れ様。

なすを抜いた後には、さやえんどうの種をまきました。

このほか、生ごみ投入、濃縮堆肥作り、タマネギの苗植え・・などなど。


作業終了間近に雨がポツポツと落ちてきて、水やりもせずにすみました。
まさに「恵みの雨」です♪

そしていよいよ収穫祭。本日のメニューは、芋煮なべと最近定番の1品持ち寄り「弁当の日」。
芋煮は、畑で穫れたさつまいも、大根、にんじん、ねぎがたっぷり入って、あったまる~~!


持ち寄りテーマは、「実りの秋」。
もう、本当に、「秋の味覚」それもこだわりの味覚が勢揃い。
(食べるのに忙しく、写真があまりありません・・。)

今回、比良松少人数ゼミから1人で参加してくれた森さん。
彼女のかぼちゃの煮付けは最高でした。
「いいお嫁さんになれるよ!」と、おばさま・おじさま方(失礼っ!)から絶賛でした。


もうすぐ12月。あっという間の1年ですね。
12月は変則スケジュールなので、予定を確認してくださいね。
DATE:
待ちに待った・・のはずだったのに、雲行きは怪しく、あいにくの天気・・
寒そうだし、収穫祭は教室をお借りしてすることに。
畑作業班と芋煮支度班に分かれて、作業開始。

・・久しぶりの畑(私が)は・・・・りっぱに野菜が育っていました。
見てください、大根です!葉っぱの見事なこと!!


種をまき、間引きしたあとは、何も手をかけていません。
まさに「ほったらかし農法」(笑)。虫取りもしていないし、もちろん農薬も使っていません。
生ごみパワーを注入した土の力(微生物の力)だけで、こんなにきれいな野菜ができるのです。

にんじんは、まだ小さいみたい。


赤かぶ、ちょっと虫に食べられていましたが、かぶは大きくなってきました。


リベンジねぎ。青果店に返品されたネギの、葉っぱは食用に持ち帰り、
根っこのところだけを植えたものです。もうすっかりふつうのネギ(笑)。だから、リベンジねぎ。


かわいいのは、そらまめの芽。いくつかは鳥についばまれたみたいですが、ほら、大丈夫。


おっと、長くなりそうなので、続きはまた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。