ふくおか大地といのちの会

簡単!生ごみ・雑草でできるおいしくていのちたっぷりの元気野菜作り

DATE:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE:
かわぐちです。あぴ畑メンバーにお任せしてごぶさたしていたあぴ畑、
久々に行ってみれば・・どしゃ降りでした(T_T)。・・・・・
そういえば、忘れていました。雨女だった、私・・・。

降り始める前に、どうにかできた夏野菜の手入れ。

きれいな色づき、たわわに実ったミニトマト。


これは、きゅうりです。でも普通ではない・・(汗)。でかい、です。


収穫して、もうすぐお兄ちゃんになるかんちゃんに、持ってもらって、ハイ、ポーズ♪
・・ちなみに家に帰って測ってみたら、1kgありました。
こんなのが何本もぶら下がっていて、最初はかよわい
(折れやすいんです、茎が)苗だったのに、本当にたくましくなりました。

付け加えると、「大きいことがいいことだ!」なわけではなく、
先週雨で作業ができなかったゆえに大きくなりすぎていただけのことなのですが。
でも、食べられました、ちゃんと!

夏野菜は本当にすくすく育ちますね。
湿気の嫌いなトマトも、けなげに育っています。

来週はちゃんと作業ができるといいですね。
野菜もですが、草もすくすく育っております。


吉田俊道さんは、「草はバッテリーのようなもの。
土に必要なエネルギーと栄養素を蓄えてくれるだいじなもの」とおっしゃっています。
抜かないで、刈り取ります。根っこを残すので、すぐに育つのですが、
土の乾燥を防ぎ、土の中の微生物を保護する働きもあるようです。
刈った草は、最高の肥料となります。
草も虫も敵としない、そんな農を目指していますし、
実際にできるんだなあというのを実感しています。
 

Comment


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。