ふくおか大地といのちの会

簡単!生ごみ・雑草でできるおいしくていのちたっぷりの元気野菜作り

DATE:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE:
8月8日、定例会でないにもかかわらず、大人9名、3名のお子さんの参加がありました。 
連日の猛暑の中、皆さん汗びっしょりになりながらも収穫や土作りに頑張ってくれました。

 今日の作業内容
 1.夏野菜(ナス、オクラ、ピーマン、ミニトマト)の収穫作業
 2.野菜屑+竹パウダーを耕運後、畑に投入
 3.ニンジンの種まき・・写真はありません


この暑さの中、人力で野菜屑を砕く作業はちょっと過酷すぎるので。。。
今回は前日の土曜に、小さく粉砕された野菜屑を青果市場でもらってきました。
中身は、キャベツ、赤キャベツ、ブロッコリー、トウモロコシ、白菜、大根、
レタス、人参、キュウリ、カボチャ、ナス等など。


青果市場のゴミ置き場の様子。 
野菜の使わない部位や、痛んで使い物にならない野菜が沢山積み上げられています。 
これはほんの一部です。


野菜を粉砕している様子。このときある程度の水分も絞っています。
体積換算からすると、水分が2-3割少なくなっています。
市場ではこのような処理をしてから15kgずつ位ビニール袋に入れて、
焼却施設へ運んでいます。


野菜屑の量をきちんと計量しました。
今回投入したのは野菜屑119kgと竹パウダー17.7kgです。


野菜屑を投入したばかりの土の様子。
野菜屑をかなり細かく砕いてあるので、きれいに 土に混ざっています。


暑さに負けず、ナスも立派な実をつけています。


オクラは暑さ知らずです。一番元気でした。


ミニトマトもしぶとく成り続けています。


インゲン豆のツルがもう1メートル位まで伸びてました。
Comment


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。