ふくおか大地といのちの会

簡単!生ごみ・雑草でできるおいしくていのちたっぷりの元気野菜作り

DATE:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE:
12月5日今日は風も雲もなく、農作業には絶好の小春日和となりました。
今回は初めて参加されたご家族をあわせて大人12名、
子供5名と比較的大人数集まりました。

本日の作業内容:

1.先々週150kg野菜屑を投入した所の切り返し
2.乾燥野菜計120kg+竹パウダーを畑に投入、鋤き込み
3.そら豆の植え付け


気温の上がらない冬場なので分解の遅い生ゴミをやめ、
乾燥野菜40kgを2畝、80kgを7畝に投入して、竹パウダーと一緒に鋤きこみました。
*乾燥野菜:病院や学校などから出る給食等の残渣を熱処理して乾燥させた物。
家畜の飼料としても使用されています。

 
2畝にカキ殻石灰を入れて、皆でそら豆の苗を植えました。


植える前にこれも一緒に畑に入れました。
数ヶ月前から仕込んでおいた、生ゴミ+竹パウダーの堆肥です。
腐葉土の本当にいい香りがします。
この中にはコガネムシ(ひょっとしてクワガタ?カブトムシ?)の幼虫が沢山住んでいました。


ややっ!!!あぴ畑で謎の小動物発見しましたぁー!


と思ったら、今日初めて参加されたI上さんちのあっくんでした。
重い鍬を運んで手伝ってくれてます。いや、本当助かりますので。 

 
今日の収穫物です。ひょうたん南瓜は今津畑の大量収穫の残りです。
あぴ畑で収穫された大豆が味噌になって帰ってきました。
まさしく手前味噌ですが、でもホント上手く出来ました。
Comment


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。