ふくおか大地といのちの会

簡単!生ごみ・雑草でできるおいしくていのちたっぷりの元気野菜作り

DATE:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE:
3月20日今にも雨粒が落ちてきそうな空模様でしたが5名の会員の方が集まり、
ジャガイモの種芋の定植をしました。

以下、写真の説明。

 
去年サツマイモ収穫後12月に乾燥残渣を投入した場所です。
ここにジャガイモを定植しようと思い耕起後石灰を撒きました。 
でも発酵せずに腐敗が進んだせいかドブ臭が気になりました。
なのでせっかくですがここには植えませんでした。

 
人参、大根の収穫跡地へ場所を急遽変更しました。
ここには収穫後全く肥料となるものは入れていません。
草を刈りながら、10cmの深さ耕起し、苦土石灰、カキ殻石灰を撒きました。
そこへ種芋を2列づつ30cm間隔で植えていきました。

 
ここも以前大根を収穫した場所です。
ここは草を刈っただけで全く耕しませんでした。
30cm間隔で穴を掘ったところへ種芋を埋めただけです。
もちろん肥料もなーんにも入っていません。上手く育つか比較実験です。 


植えやすくしようと土を柔らかくするため、鍬を入れましたが上手くいきませんでした。 
表面の草は少なかったはずなのに、このとおり土の中には根っこがびっしりと張って
土が固まりで持ち上がります。なので降参して(雨も降ってきましたので)
一畝だけ耕しませんでした。

22年度も終わりです。23年度もあぴ畑@箱崎は継続して実習を行います。
新しい方々のご参加もお待ちしております♪
 
Comment


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。