ふくおか大地といのちの会

簡単!生ごみ・雑草でできるおいしくていのちたっぷりの元気野菜作り

DATE:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE:
今回のあぴ畑は、スタッフでもあるH松先生の少人数ゼミの授業も兼ねています。

本日の作業は生ごみ投入、先週生ごみ投入した畑の切り返し、
だいこん・かぶ・にんじんなどの間引き、ぼかし作り・・と、もりだくさん。
写真はあぴ畑の野菜作りを教えて下さっているN尾さんから
今日の作業の説明を受ける学生達です。


今回のゼミ生(九大の1年生です)、文系の人が多かったみたいでした。
慣れない作業をしっかり体験していただきました。

写真がないのですが、作業でいちばん人気だったのが「ぼかし作り」。
「ぼかし」とは、米ぬかに乳酸菌などの発酵を進める菌を増やしたものです。
生ごみの発酵補助材として使っています。
米ぬかをブルーシートにひろげて、じょうろで菌の入った液をまんべんなく振りかけて、
よおく混ぜる・・ただそれだけなのですが、米ぬかって触っていると、
お肌がツルツル、しっとりしてくるんですね。気持ちいいんです。
それと子どもの頃の砂場遊びみたいで、みんな童心に返って楽しんでいました。

そして、お昼・・・H松少人数ゼミでは恒例の「弁当の日」です。
一人1品ずつ持ち寄ります。今回のテーマは「秋」。写真をみてください!
みんなさまざま、おいしそうです・・・。


あぴ畑のメンバーももちろん持ち寄り参加。そしてふくおか大地のスタッフからは、
あぴ畑で穫れたての野菜たっぷりのみそ汁(おみそも手作り)もあり・・。
みんな作業でおなかは空いているし、青空のもとで食べると、
そして、みんなでわいわい食べるのって・・。もう、おいしくないはずがありません!

写真は、追肥の済んだだいこん・かぶ畑です。
追肥には、完熟の段ボールコンポストを使いました。


本日の収穫。ナス、まだまだ穫れました。あと、ネギ、間引き菜。

おいも、枝豆もいい感じになってきています。

※おまけ・・双子のなすを見つけました!ヘタは一つです。

なっているのを見つけて写真を撮っておいたのですが、
あとで収穫品をみんなで分けて持ち帰ったら、我が家のに双子ナスが入っていました。
早速我が家の双子(小3、♂)にみせたら、「ふ~ん、そう。」・・感動のない奴らです。
ちなみに今回は大学1年の長男も初めて参戦。
なんでも、大学で「農業と環境」というテーマでレポートを書かないと行けないそうです。
どんな感想をもったことやら・・。

学生さんだけでなく、初めて参加いただいたご夫妻もありました。少しずつ拡がっています。

次回作業日は10月25日です。久しぶりの方も様子を見に来てください。
ナスがまだ取れると思いますし!
Comment


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。