ふくおか大地といのちの会

簡単!生ごみ・雑草でできるおいしくていのちたっぷりの元気野菜作り

DATE:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE:
あぴ畑@はこざきを協働で実習している
APiQ!!(アグリ.プロジェクト.イン九州)のみかんちゃん。
APiQ!!とは農業体験をとおして、食、農、自分たちの生活を見直そうという
活動をしている大学生たちの集まりです。

【あぴURL】 http://www.geocities.jp/apiq03/

幼児教育を学んでいるみかんちゃんは、APiQ!の活動や
あぴ畑で「ふくおか大地」の生ごみリサイクル元気野菜作りに出会って、
卒論をこれらの活動と結びつけて書いてみよう、と思ったそうです。

そこで、生ごみリサイクル元気野菜作りを実践されている、
東区志賀島の「ふたば幼稚園」を訪問してみよう!!ということになり、私も同行することに。

ふたば幼稚園の小崎園長は、食農教育、環境教育、自然とのふれあいを大切に、
日々子どもたちを育てて下さっています。

【ふたば幼稚園 URL】 http://www.geocities.jp/apiq03/

ふたば幼稚園は週2日の給食です。給食の残さいや園児が家庭から持ってきた生ごみを、
ぼかしにまぶしてこの容器に入れておきます。


ここは、園から歩いて1,2分の畑。


ここに生ごみを入れて、元気野菜を作っています。
今は大根用にうね立てされていました。
生ごみで大根を育ててたくあんを漬け、たくあん持って卒園式をめざしているのだそう。
昨年は、大根ができるのが早すぎて、卒園式に間に合わなかったので
今年は種まきを遅らせているんだとか。

みかんちゃんは、熱心に質問していました。
「こんな大学生がたくさんいたら、日本の将来は安心!」と、小崎園長。
私もそう思います。二人で記念撮影です。



卒論、楽しみです♪
Comment


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。